やまくらピアノ・ヴァイオリン音楽教室

お問い合わせ

横浜市都筑区(東山田)にあるプロの演奏家による個人レッスンの音楽教室です。当教室の講師をご紹介します。

講師のご紹介

山倉 恒夫(ピアノ、リコーダー)

山倉恒夫 神奈川県出身。5歳よりピアノを始め、山根初代氏、小林出氏に師事。
1996年、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを卒業。
卒業後、ハンガリー・リスト音楽院に留学。マスタークラスを修了。
ピアノをミハーイ・ドゥフェック教授に、室内楽をコバーチ・ゾルタン、マルトシュ・ラースローの両氏に師事。
滞在中、その音楽性の芳醇さや技巧の正確さ・精妙さから、作曲家 ヴァリツァ・シューヨク氏より 「ピアノと管弦楽アンサンブルのための小品曲」を捧げられ初演。ハンガリーの各メディアにて絶賛される。
また、シュテファン・ドジスン氏より「ピアノとギターのためのコンチェルトNo.1」を贈られ、初演。 ハンガリー各地にて演奏活動を行う。

現在、ソロ、デュオや室内楽、オーケストラとの共演、公共施設や発表会などでのゲスト出演、レストランや パーティーでの演奏など、クラシックからポピュラーまで幅広いレパートリーで精力的な演奏活動を行っている。
また、当音楽教室を主宰するとともに他の音楽学校でもレッスンを行うなど、後進の育成にも積極的に取り組んでいる。

坂井 理恵(ヴァイオリン)

坂井理恵 千葉県出身。9歳よりヴァイオリンを始め、2002年に武蔵野音楽大学大学院修了後、渡独。
2004年、ドイツ国立ミュンヘン音楽大学大学院 マイスタークラスを修了。
これまでに、ヴァイオリンを飯島多恵、萩原耕介、ゲオルギ・バデフ、クルト・グントナーの各氏に師事。 室内楽を磯良男、ツォルト・ディバイ、クレメンス・ドルの各氏に師事。
その他、数々の音楽セミナーに参加し、特に、ラドルフツェル、ハンブルクのサマー・アカデミーにて、 それぞれニコラス・チュマチェンコ、トーマス・ブランディスの各氏に師事。
2002年にキングレコードより、弦楽四重奏団 STELLA のアルバム 「handsome strings」 をリリース。
留学中の2003年冬に、学内コンサートにおいて、オーケストラのコンサートマスターを務めた。
帰国後も、2005年10月リサイタルでドイツ3大B(バッハ、ベートーヴェン、ブラームス)を採り上げ高い評価を獲得。
2007年3月リサイタル "音楽の源流と真髄" では、ソロ、デュオ、トリオという異なるスタイルで新境地をみせた。
現在も、ソロ、デュオ、アンサンブルなどで活発に演奏活動を行いつつ、音楽教室やオーケストラなどでの後進への指導も 積極的に行っている。

ページのトップへ戻る